2017年4月22日土曜日

エッセイ4 春に想う。

春は、桜の季節。
桜は、日本の風土が長い年月をかけて育み、受け継いできた心の象徴だ。
桜は、特別であり、格別。
力ではなく、包み込む優しさで人を圧倒する。そんなことができる花は桜だけだ。
なんて、難しい言葉を並べても、桜の実力には到底届かない。実際桜の前に立てば、「美しい」のひと言しか出て来ない。
「きれいですね」と言い、「きれいですね」と返す。
それだけだ。
それだけで良い。

「〇〇で桜が開花しました」「〇〇では桜はまだ開花しません」「〇〇の桜は明日には開花するかと……」
全国放送のニュースで毎日のように一種類の花の開花が告げられるなんて、外国から来た人にとっては驚きだ。この時期に日本に来た人達はきっと「日本は本当に平和な国だなあと」思うだろう。

桜は、日本に元気をくれる。
大変なことがあっても、満開の桜を見ると、何だか頑張れそうな気持ちになる。
そう言うとまた外国の人は「花が咲いただけで?」と首を傾げるかもしれない。

多くの日本人が、桜が咲く頃になると、そわそわする。
「散り際が潔い」とよく言われるけれど、その表現は私には切なすぎる。
それにそれは寧ろ近代に入ってからの概念だと思われる。

私は、平安の人々が見た桜と同じ桜を見ている。
雲のようにふんわりと白いかたまりが山肌に現れて初めて、「ああ、あそこに桜があったのだ」と驚き、喜び、人に話したくなる。
平安の人の言葉に、「うんうん。分かる分かる」とどれほど多くの人が頷いて来ただろう。鎌倉の人も。江戸の人も。現代の人も。
文字になって残された想いが、長い時間を経て、人々の共感を繋ぐ。

桜は不思議だ。
花を咲かせるまでひっそりとその存在を隠し、花が終わればまた人々の視界からいつの間にか逃れてしまう。
一年のうちの二週間ほど、そんな僅かな間だけ、一番美しい姿を見せ、それ以外の長い長い苦労の時を過ごす間は上手に人目から隠れている。そこにあるのに、どこにも行かないのに、何故か私達は桜の木を見ることを忘れてしまう。
だから、一年に一度、人々はその姿を見た時、多くの想いが溢れるのだと思う。

今年もまた咲いたね。
今年もまた頑張っていたんだね。
今年もまた変わらずにいてくれるものがある。
今年もまた新しい始まりがある。

桜を見上げた目に映るのは、「春」だ。
黄砂に霞む空。
うっすらとした水色。
遠くの山肌も街路樹の木々も淡い光をまとう。
生まれたばかりの緑色。
おぼろげなのが良い。
まだくっきりと固まる前のやわらかさが良い。
未熟さは、可能性を秘めているから。




0 件のコメント:

コメントを投稿